2017-09-07

秋田県のラーメン店数は、約401軒。1万人当り3.8店舗

秋田県は全国5位。ラーメン店舗密度

秋田県のラーメン店数は、約401軒。1万人当り3.8店舗。

秋田県のラーメン店舗密度は、全国5位。

集計方法は、下記リンク先を参照してください。

下の表は、秋田県の市区郡別のラーメン店数である。1万人当りの店舗数順に並べている。

市区郡 店舗数 1万人
当り
店舗数
人口
(千人)
1 仙北市 18 6.4 28
2 大仙市 45 5.3 85
3 にかほ市 13 5.0 26
4 能代市 28 5.0 56
5 湯沢市 23 4.8 48
6 由利本荘市 38 4.7 81
7 横手市 43 4.5 95
8 秋田市 124 3.9 317
9 男鹿市 10 3.4 30
10 雄勝郡 6 3.2 19
11 大館市 22 2.9 76
12 南秋田郡 6 2.5 24
13 仙北郡 5 2.4 21
14 北秋田市 8 2.3 34
15 鹿角市 6 1.8 33
16 潟上市 5 1.5 34
17 山本郡 1 .3 29
18 北秋田郡 0 .0 3
19 鹿角郡 0 .0 5
秋田県 401 3.8 1,043
データ出典:
iタウンページ https://itp.ne.jp/
総務省 住民基本台帳に基づく人口(平成28年)

秋田県のご当地ラーメン、十文字ラーメン

ご当地ラーメンとしての「秋田ラーメン」を調べてみた。

残念ながら、秋田県に根づき、秋田という地名を冠した「秋田ラーメン」に関する詳しい情報を見つけることはできなった。

横手焼きそば。

横手焼きそばは、秋田県横手市を中心に、地元に愛されている焼きそばである。B級グルメの大会「B-1グランプリ」でも優勝したこともあり、全国的にも広く知られている。

焼きそばが好きなら、同じ麺類であるラーメンも好まれている地域に違いない。ということで、ご当地「横手ラーメン」に関する情報を探してみたが、見つからない。

「横手ラーメン」ではないが、横手市十文字町を中心に食べられている「十文字ラーメン」というご当地ラーメンがあることがわかった。

稲庭うどん、稲庭中華そば。

稲庭うどんは、日本の三大うどんのひとつに数えられ、秋田県を代表するうどんである。

うどんが好きなら、同じ麺類であるラーメンも好まれている地域に違いない。ということで「稲庭ラーメン」を探してみた。そんなのあるわけないじゃん、と思いながら。

なんとありました。秋田県湯沢市の「稲庭中華そば」。

十文字ラーメン。

十文字ラーメン。秋田県横手市十文字町を中心とする地域で人気のラーメン。「十文字中華そば」とも呼ばれる。

あっさりとした醤油味で煮干や鰹節などを出汁に使用した和風のスープとかんすいを全く用いず独特の食感をもつ細い縮れ麺が特徴である。また、具材に関してはチャーシュー、ねぎ、メンマのほかに店にもよるが麸と蒲鉾が入るのも特徴である。

引用:Wikipedia 十文字ラーメン

秋田県のご当地ラーメンでは、この「十文字ラーメン」が代表といえるかも。

秋田比内地鶏ラーメン。

秋田県の比内地鶏、鹿児島県の薩摩地鶏、愛知県の名古屋コーチンは、日本三大地鶏といわれている。

そのひとつ比内地鶏でとったスープ、脂肪が少なく旨味の強い地鶏肉も味わうことができる秋田比内地鶏ラーメン。

誕生してから、まだ24年のようだが、秋田のご当地ラーメンとして根づいていくであろう。

仙北市のラーメン店数は、約18軒。1万人当り6.4店舗

仙北市のラーメン店舗密度は、秋田県1位。1万人当り6.4店舗。

ラーメン店数が約18軒、人口28千人と少ないため、参考になる数字とは言えないであろう。

秋田市のラーメン店数は、約124軒。1万人当り3.9店舗

県庁所在地の秋田市。人口は県内で一番多い317千人。

ラーメン店数は124店舗、店舗密度は1万人当り3.9店舗。秋田県8位。